天才不在ミッション ── 自由な時間をプレゼント

数字は苦手ですか。それなら、「あなたがほんとうに見たい数字はそれじゃないよ、こっちだよ」って、教えてくれるシステム屋がいるといいですね。 意味がわからないからといって、魂の抜け殻みたいなシステムを惰性で使ってたら、いつも時間に追われちゃいますよ。

あなたにとって苦痛なことが、
わたしたちにはやりがいに?
── Yes.
脳のタイプがちがうので。

脳がちがう

ちょうどいいタイミングでいい本が出ました。
わたしのメンターでもある賀川正宣さん監修の
「エマジェネティックス」
です。
賀川さんが講師の「EG研修」をわたしが受けたのは2009年なので、
ずいぶん古い話になりましたけども、
あれから神戸を発信源としてじわじわ流行りだしまして、
>オレは黄色が顕勢だ、 あいつは顕勢だ、
>おー!おまえは半分近くなのかー!

みたいに、
もはや共通言語のようになってます。
自分の思考特性が何色かわからない方は
是非いちど受講していただきたいんですけども、
他のどの診断やテストよりも、
脳のタイプのちがいがテキメンに仕事のやり方にあらわれることがわかります。
ひとことで
数字が苦手

ていう人は、
わたしたちに数字丸投げしたほうが合理的です。
データの分析とかいろいろやってみたところで、
極論すれば時間のムダ
しかも精神的にもストレスの種になるだけで、
しんどいだけですから。
情報にもいろいろ、データにもいろいろありますが、
商売で肝心なのは9割が数字です。
売上高とか利益率とか、
人件費とか税金とかいろいろありますが、
数字の99%はお金の額ですね。
稼ぐのはうまいが数えるのはヘタな人っていっぱいいます。
頭がいいとか悪いじゃなしに、
脳に向き、不向きがあるんです。
その証拠に、
数字以外の情報なら、
あなたの脳は他の人より高速に処理できてますね。
そういう話です。
めんどうな数字の扱いは、
システムにやらせよう!
一瞬で終わらせて、
今夜もパーティーだ!

時間をプレゼントします

時間をあなたに
プレゼントしましょう。
わたしたちからあなたへの贈り物・その1は
自由に動ける時間が増えること
です。
餅はモチ屋、
事務処理はシステム屋。

狩猟民族のあなたは、
マンモスを倒すことに集中するべき。
お金を生まない地味な事務はシステムにやらせるべき。
スマホをポチポチする以外のことは、
あなたは一切やらなくてかまわないんで、
見たい数字はずらっと目の前に並べてあげますんで。
丸投げ
おすすめします。
Throw it all at me
ですわ。
納品書とか見積書とかレシートとか出荷指示書とか在庫一覧とか
給与明細とか月次残高試算表とか店舗別人時売上表とか出勤簿とか‥‥
聞いただけでクラクラして鼻血が出そうな帳票類をわたしは、
来る日もくるひも20年以上、
何十万枚も出し続けてきました。
誰が出してもたいして差がない味気ないペーパーを、
ひたすら出してる会社なんです。
スマホやタブレットの登場で、
紙で出す場面は減ってきてるんですけど、
どっちでも同じこと。
数字を出すというただひとつの目的のため、
ひたすら計算プログラムを書いてきた。
だから、
いわゆる事務処理にかぎっていえば、
10倍どころか100倍くらい速く数字を出せるプロなんです。
稼ぎに集中できるしくみづくり

第一歩は、
あなたがいまやってることのうち、
稼ぎに直接つながってない作業をあなた自身が手放すことからです。
結果として、
あなた自身の貴重で高価な時間を、
50%オフで取り戻したのと同じになります。
数字のいっさい、
会計,販売仕入,受発注,タイムカード,給与計算,在庫,ポスレジ,飲食店オーダーエントリ,顧客管理, 生産工程,業務日報‥‥その他もろもろを、1本で済ませる。
大胆に All in One なアプリ、
あります。

はりまのくにからこんにちは

>だってITの業者って、
>わけのわからない専門用語ばっかり多すぎて、
>さっぱり意味がわからないのヨ。

──と、
お叱りを受けることがたびたびありまして‥‥
>わかるように説明してくれないから、
>どこがどうちがうか、どうせわからないから、
>安くて簡単でいちばん売れてるやつでいいわ
>ってことになるじゃない?

──と、
実によくありがちな、
乱暴な話になってしまうわけですね。
な、の、で、
めちゃめちゃプロフェッショナルなわりには専門用語を使う確率が低い
播州人のわたしが、
ふだんどおりの言葉づかいで参上つかまつったしだいでございます
そう、
当社の傑作クラウド「エムウェブ9」のユーザーになると、
もれなくこいつがついてくるのです。
こいつ‥‥って?
‥‥?
こいつですて

  



●請求書1枚の出し方にも美学を求めるごりごりのプログラマ

かかわりあったからには必ず豊かになっていただく。そこにエムトーンの執念があります。
 ご契約をいただいたクライアントさんとは、いつまでも末永くおつきあいいただき、 いつでも、はじめに出会ったときより豊かになっていただけたかどうか。
 あなたにがっつり稼いでいただくためなら喜んで踏み台になりますので、思いっきりふんずけていってくださいね。


まさか平賀源内の生まれかわりがこの時代に?──ああ非常の人、王を名乗る。

株式会社エムトーン代表取締役
天才プログラマ(自称)


はりまのくにの王


1962年、はりまのくに生まれの播州男子。1985年、横浜国立大学経営学部卒業後、大手化粧品メーカーの資生堂に就職するも1年ちょっとで退職。 その後、TACで情報処理技術者試験講座の専任講師、地元の中小企業ではシステム開発担当、等の職を経て1998年、独立。以来、発展途上会社の経営支援一筋。成功事例は枚挙に暇がない。
 播磨の王として情報処理技術を極め、ブラウザで稼働するウェブアプリケーションERPを独力で開発。 その後、はやらせ太郎の名でマーケティングを、宗之内喜久造の名で人心研磨を学ぶ。
 趣味は走ること。三度の飯より好きなものは播州北条節句祭とローリングストーンズ。祭のためにはたらき、ロックに生きる。 座右の銘は「右を向こうとする心を左に向けうる力が人間にはあるんだ」(中村天風師)である。

名乗るほどのもんじゃござんせんが、
当社システムの開発総責任者、
はりまのくにの王でございます。
──え?
>いりませんΣ(`Θ´)=3
──ですか?
そうですか‥‥。
きっとそうおっしゃると思いました。
しかし、
そうはいきませんよ。
数字の圧力からあなたを自由にするクラウド「エムウェブ9」
わたしが手塩にかけて育てた、
血肉を分けた子どもたちのようなもの。
いや、
まるで自分自身の身体の一部のような‥‥
脳の一部と言ったほうが近いかも。
だからあなたがこの傑作クラウドを使うってことは、
いわばわたしの知恵をあなたに授けるようなものなんですよ(*^_^*)
>だったらよけいにお断り!
>アナタの知恵なんか授かりたくない
>ざーますよっΣ(`Θ´)=3

──ですか?
あぁ‥‥(ё_ё)
まあそうでしょうね。
しかし、
落ちついてくださいよ。
リアルにわたしがあなたの会社の応接室に上がりこんで
コーヒー出せよっていうんじゃないんですよ。
なんかきかれたらすぐ返事するっていう、
ただ、それだけのことなんです。
少数精鋭のちっこい会社で外注業者を使わず、
データベースを完全に掌握してますから、
みなさんのご質問、ご要望に、ダイレクトに最速でお答えできるということなんです。
わけのわからない呪文のような専門用語を並べたてて、
煙に巻いて逃げたりしないのですよ。
>大きくて有名な会社じゃないと信用できない

おっしゃるなら止めませんけど。
事務処理を丸投げするってことは、
なかなか太っパラな決断で、
たいそうな「しくみ」を会社ぐるみで築くってことですから、
あなたは単にモノを買うのではありませんよね。
>1円でも安いほうが‥‥
なんて、
キュウリやナスビの買い物じゃないんですから、
そういう姿勢はちょっと待っていただきたい。
実はあなたはこれから、
ERPパッケージってものをお使いになろうとしてるんですけど、
それって、
くっついてくるコンサルタントの力量がどんなもんか、
めっちゃ大事なんですよ。
イケメンかイケメンじゃないか、とか、
あんまり関係ないです。
情報の扱い方には押さえておくべきツボがいくつかあって、
そのツボを知らなければ、
せっかくの儲け話に大きなロスが出てしまいます。
迷いが生じて意思決定が遅れる。
うちに払っていただくお金は、
あなたが永続的に利益を生み続ける「しくみ」への投資ですよ。

もう、数字を見ても
目まいしませんネ!

あんなに数字が苦手だったのに‥‥

簡単じゃないから差がつくんです

わたしはもう通算30年以上、
あなたの苦手な数字の扱いを専門にしてきた大ベテランです。
が、
何が楽しくて数字ばっかりやってるんだか、
あなたから見たら変態じゃないですか。
ま、そのとおりなんですけど、
変態的レベルのプロとして上からエラそうに言わせていただきますと、
数字の扱いは簡単ではありません。
簡単だ、簡単だ、カ、ン、タ、ン、だ、と、
操作のやさしさばかりを強調する人もいますけど、
ウソ八百のでたらめだと思ったことないですか?
データの扱いはそもそも簡単ではないです。
その証拠に、
あんなにスッキリきれいに数字が並んでいて、
統一されたルールにもとづいて作成されている決算書でさえ、
何年たっても見方がわからない社長ばっかりじゃないですか。
会社の経営が簡単ではないように、
ITも一筋縄ではいきませんデ。
たとえば、
>無料でホームページが作れますよ!

ていうツールがいくつも出まわってますが、
あなたがもし
そんなんで素敵なホームページが作れるくらい器用な人なら、
価格最重視、
1円でも安いシステムを探してみたらいいでしょう。
脳のタイプが合ってます。
しかし現実問題として、
データベースの取り扱いっていうことになると
そのまた100倍むずかしい。
悪いことはいいませんから、
やめときましょうよ。
わたしたちはわたしたちのスキルやらノウハウやら知識やらを、
つつみ隠さずちゃんとお伝えしますから、
わたしたちとつきあっているだけで、
しぜーんと組織のIT度が上がってくる
あなたはいつまでも数字から逃げまわっててもいいんですけど、
部下の事務処理能力がぐんぐん上がってくる。
わたしたちはわたしたちの生みだした「しくみ」を、
しっかり役立てていただきたいので、
それをちゃんと見とどけたいんです。
──と、
これだけ言ってもまだ、
あなたは、
こんなオッサンがついてきたらいやだとおっしゃるんですか!?
‥‥
──おっしゃるんですね‥(ё_ё)
‥‥じゃあしかたがない。
若い女性担当者と交代しますワ。

天才不在とは何か?

「天才不在」って、
>変なネーミングですけどどういう意味なんですか?

と、
ときどききかれますんでお答えします。
天才が不在ってことはつまり
アホばっかり

てことですやん。
‥‥いえ
失礼しました。
それは冗談で、
由来はドラッカーさんのこの言葉からです。
組織の目的は、凡人をして非凡なことを行わせることにある。天才に頼ることはできない。天才はまれである。あてにできない。凡人から強みを引き出し、他の者の助けとすることができるか否かが、組織の良否を決定する。同時に、組織の役目は人の弱みを無意味にすることである。要するに、組織の良否は、そこに成果中心の精神があるか否かによって決まる。 ドラッカー「マネジメント──基本と原則」より

ほんとうは不在どころか
天才健在
なんですけど、
おくゆかしいもんですからわたしたち。